2018年 11月 11日
Dreaming Girl

e0223031_23454876.jpg






俺たちは、金儲けのために生きてるんじゃない。
人生で一度の最高の幸せにココロをおきたいと願って生きてるのよ。
Dreaming Girlで歌われるのは、Dreamでしかないのか?
アナタ、どー思う?


Dreaming Girl


きみが 跳んだ水たまりへと
 
街のかげが なだれてゆくよ

不意に笑う ただそれだけで
 
胸のとげが抜ける気がする

手のひらの上に 太陽をのせて

心の暗がり 照らし出しておくれ

Dreaminng Girl Dreaming Girl
 
雨上がりの少女

Dreaminng Girl 君と めぐり逢えた 素敵な奇跡



孤独だった無数の夜が 

白い朝に 溶けて消えてく

そして 今はとなりに君の
 
みつのような息を感じる

どんなカメラにも 写せない君の

生き生きとしてる まぶしさが好きだよ

Dreaminng Girl Dreaming Girl 

陽だまりのまなざし

Dreaminng Girl ぼくは 君をめぐる 青い惑星



さりげない日々に 沈んできらめく

真実のかけら そっと見せておくれ

Dreaminng Girl Dreaming Girl
 
風にそよぐ髪に

Dreaminng Girl Dreaming Girl
 
天使の輪が光る

Dreaminng Girl Dreaming Girl 

雨上がりの少女

Dreaminng Girl Dreaming Girl 君と

めぐり逢えた 素敵な奇跡

めぐり逢えた 素敵な奇跡 Dreaminng Girl
 
Dreaming Girl  Dreaminng Girl Dreaming Girl・・・・


[PR]

# by grace_land | 2018-11-11 17:28 | Comments(0)
2018年 11月 10日
Your Eyes



e0223031_16510518.jpg












今日は、曇り空で、鬱とおしくて好きな音楽をオーディオの前に座ってクラプトンを聴いたり、
ウチのBMが無くなって、近所のおばさんが、凄いベンツになったので嫉妬したり、何か食べたり歯をみがいたり、
ギター買うのに、マーチンにしようかテイラーにしようかとか、
通帳をみてため息をついたり田舎のオフクロを思い出したり、
せいぜいひとは、そのていどのことに時間をついやすだろう。
ひとは人生のなかでひとりのみじめさや、恋人のふりをすることの苦痛をかんがえないといけない。
本当は好きでもないのに、恋人がいないとさみしいし、友人たちが結婚していくから
結婚してないからしないといけないとった理由で別れられない。
本当の気持ちは、相手のことをそんなに好きでもないのにひとりでいるとみじめ、ひとりでさみしいと言った理由だけで、
無理に一緒にいると、苦痛を感じてしまう。
あなたにとって、本当のパートナーとはどんなヒトか? 
その答え知るヒントをこの曲は教えてくれます。 
your eyesは、ふたりでしか築けないパートナーと一緒にいることが、
どれほど幸せに近いかを教えてくれる名曲です。
ひとりでは見れない夢とは・・・
かんたんなことなんだ・
こうーして今日もうつろいの中で消えていくわけだ



Your Eyes

I'm dreaming
and in my dream
I see your eyes
They fill my heart
with heaven

夢を見る
そこにはいつもあなたの瞳があり
心を満たしてくれる



I'm flying
and in the sky
I see your eyes
They answer all
my longing for you

空を翔ける
空にはいつもあなたの瞳があり
焦がれる思いに応えてくれる



I've always lived
my life in fantasy
No chance to take
no heart to break

頑なに
自分の夢の中だけに生きてきた
めぐり会うことはなく
傷つくこともなく



But now you take
my hand and
you make me understand
that two dreams
can join together

今 あなたは私の手をとって教えてくれる
ひとりでは見れない夢があることを



It's morning
and as I wake
I see your eyes


目覚めるとそこには
あなたの瞳がある



They are my reason
they are my answer now
Because I love you
The one who made
my dreams come true

そこにすべての答えがある
私を夢から解き放つ
夢のようなあなたの瞳を
ただ 愛している



[PR]

# by grace_land | 2018-11-10 17:27 | Comments(0)
2018年 11月 03日
日本の恋とユーミンと・・落慶記念 興福寺中金堂ライトアップ
e0223031_14231943.jpg


e0223031_14234705.jpg



見慣れた猿沢池から望む興福寺の景色ですが、これぞ奈良!といった気がします。
青い空に映える五重塔は美しかった。
天平の時代から300年ぶりに再建され創建1300年を迎えた興福寺の伽藍の中心となる最も重要な中金堂のライトアップと
阿修羅像に会いに行こうと思ったのですが
ならまち散策で遅くなってしまい中には入らずでした。
われわれは1300年も生きれないのですから・
ひとの一生なんて限られていますから、こころおきなく、すきなことをやっておくほうが良いですよ・
ひとはいずれ宇宙のちりになり、風にのって飛んでいってしまうだけなんですから・・
ひとはなくなると魂は残るとか、あの世で意識ある存在として生まれ変わると宗教家たちは考えてきたがそんなことは
人間の勝手な願望にすぎない・
まあ、信じるのは自由ですが生きていてこその人生・・・
夜空の☆でも見上げて考えてちょうだい
それにしても、ならまちで飲む一杯のビールはうまかった♪






e0223031_14243803.jpg


e0223031_14250015.jpg


e0223031_14252850.jpg


e0223031_14255653.jpg


e0223031_14263550.jpg


e0223031_14271025.jpg


e0223031_14282916.jpg


e0223031_14284819.jpg


e0223031_14291370.jpg


e0223031_14293378.jpg


e0223031_14295425.jpg


e0223031_14302724.jpg


e0223031_14304528.jpg



e0223031_14310380.jpg


e0223031_14312432.jpg


e0223031_14314634.jpg





[PR]

# by grace_land | 2018-11-03 14:35 | Comments(0)
2018年 11月 03日
日本の恋とユーミンと・・ならまち散策編
e0223031_01580358.jpg








e0223031_01582516.jpg


e0223031_02001923.jpg


e0223031_02011371.jpg


e0223031_02022125.jpg


e0223031_02031094.jpg



e0223031_02033522.jpg


e0223031_02040048.jpg


e0223031_02044463.jpg


e0223031_02050612.jpg


e0223031_02053091.jpg


e0223031_02055644.jpg


e0223031_02061494.jpg


e0223031_02063522.jpg


e0223031_02065713.jpg


e0223031_02072201.jpg


e0223031_02074441.jpg


e0223031_02080350.jpg


e0223031_02082269.jpg


e0223031_02084168.jpg










[PR]

# by grace_land | 2018-11-03 02:18 | Comments(0)
2018年 11月 01日
Hungry Heart




ブルース・スプリングスティーンを初めて聴いたのは、ずいぶん昔ことだけど、5枚組CD「THE "LIVE"1975-1985」に収められた「ハングリー・ハート」のライブ録音を耳にしたとき、そして聴衆の合唱を耳にしたとき、曲の合間に語られる彼の素朴な日常のひとこまに感動さえ覚えたのを今も忘れることが出来ずにいるし、今アルバムを聴いていて歌詞や語りに目を透すと、生きるって意味の本音の本音が書かれている。だから、人種や性別を超えてほろっとした感動が胸をうち、言葉では尽くせなくなる。そこまで言うのならノーベル賞のディランと比べてどーなんだ?って思うひとがいるかもしれないが、生きてきた時代背景もあるわね・と答えておこう。曲を聴きながら歌詞を読むとまるで自分がその曲の主人公として、その場に居合わせているのじゃないか・と錯覚するほど・・・
最後にこれほど正義感が強く、ひとを想うひとはいないと思う。
誠実で勇気あるブルースと今晩一杯やるかな。


今夜はどうだい?
  <歓声>
 よかった……そりゃ、よかった

 これは……俺がまだガキだった頃、親父といつもぶつかり合ってた。どんな事でもね。

 その頃は髪が長かったんだ。肩より下まであったよ、十七、八の頃さ。

 親父はそれが気に入らなくて、それでまたケンカさ。だから、俺はよく家の外で過ごした。

 夏は暖かいからいいんだよ、友達も外にいたしね。

 でも、冬は町にいるとすごく寒かった。風が強くて、俺は電話ボックスに立ちっぱなし。

 よく彼女に電話したよ。四時間もね。一晩中話してた。

 最後は勇気を振り絞って家に帰るんだ。家の前に立つと、親父が台所で待ってる。

 俺は髪を襟の中にたくし込んで、中に入る。親父が俺を呼ぶ。ここに座れって。

 親父はいつも最初に尋ねた。お前はいったい自分をどうしたいと思ってるんだ?

 この話の最悪なところは、俺がそれに答えられなかったってことさ。

 一度、オートバイで事故を起こした。

 俺はベッドから動けない。親父は床屋を連れてきて、俺の髪を刈らせた。

 覚えてるよ。俺は、大嫌いだ、絶対忘れないからって言ってやった。

 親父はよく俺に言った。おい、早くお前が徴兵されないかな。

 軍隊がお前をまともな男にしてくれるだろう。丸刈りにして、お前を男に変えてくれるよ。

 それから、これは、たしか'68年だった。たくさんの男が、隣近所から、ベトナムへ行った。

 最初のバンドのドラマーも海兵隊の制服を着て俺の家に寄った。

 出征するんだが、行き先も知らなかった。

 たくさんの男が行った。たくさんの男が帰って来なかった。

 戻って来れた多くも、前とは違う姿になってた。

 徴兵検査の通知が来た日のことはよく覚えてる。家族には隠してた。

 検査の三日前から俺は友達と出かけ、夜通し一緒に過ごした。

 そしてその日、俺たちはバスに乗った。うん、みんなすごく恐かったんだ。

 行ったけれども俺は落とされた。家に帰れたんだ。
  <歓声>
 誉められたことじゃないよ。

 三日ぶりに家に戻った。台所に行くとお袋と親父が座ってた。

 親父が言った。どこに行ってたんだ? 俺は答えた。徴兵検査だよ。

 親父が言った。どうなったんだ? 俺は答えた。俺はいらないんだってよ。

 そして親父は言ったんだ。「そりゃ、よかった」



[PR]

# by grace_land | 2018-11-01 16:40 | Comments(0)
2018年 10月 29日
Dancing in The Dark








季節が過ぎるのははやいもので。。
もう11月だってことは、今年もあと一ヶ月しかないってことね。
俺は音楽と哀愁をおびた絵が人生そのものだから、いつでもイベントに行きたいんだが、
音楽や絵の好きって言うひとも話してみると、表面だけ見て本質がわからないやつばかり。
俺ひとりの価値観だけて生きていくしか無いかと思うと、俺もへぼな人生しかおくれないのかもしれない。
出逢いっていうものは、金では買えない。俺の心はもうカサカサ! 
それがどーした?って
ブルースのこの曲をYoutubeで、素人がけなげに歌ってるのを見て、おおいに感じいったわけ。
アコギ買ってDancing in The Dark歌って気を紛らわす人生♪
今頃後悔してるんだから、ヘボね。
もう酔ってるから支離滅裂・・・


[PR]

# by grace_land | 2018-10-29 20:22 | Comments(0)
2018年 10月 19日
The Night We Called It A Day (僕たちが終わりにした夜)






There was a moon out in space

But a cloud drifted over its face

You kissed me and went on your way

The night we called it a day


I heard the song of spheres

Like a minor lament in my ears

I hadn't the heart left to pray

The night we called it a day…





月が出ていた でも雲が漂ってその顔を隠してしまった

君は僕に口づけをすると行ってしまった 僕たちが終わりにした夜

天体の歌が聴こえた かすかな哀歌のようだった

もう祈る気力もなかった 僕たちが終わりにした夜

暗闇を通して優しく 空にフクロウが啼く

悲しい歌だが 僕ほどブルーじゃない


月が沈み 星も消えてしまった

でも夜明けが来ても 陽は昇らなかった

言うべきことはもう何もなかった 僕たちが別れた夜





[PR]

# by grace_land | 2018-10-19 15:14 | bob dylan | Comments(0)
2018年 10月 19日
Roxy Music - More Than This




 More than this


僕はその時感じていたことだけど

よく分からなかった

夜に舞い散る落ち葉たちが

どこに吹かれていくのか

誰にもわからない



自由な風のように

希望を持って知るようになる

なぜ寄せ返す波は

向きを変える方法を知らないのだろう



こんな気持ち以上のことなんて何もない

これ以上の幸せを越えることがあったら教えてほしい

今以上のことなんて、あるはずがないさ

それはつかの間の歓びだったけれど



夜見る夢のように

僕らがどこから来て、どこにいくかなど

誰にもわからない

この世界になにも不安なことなどない

たぶん僕は知っているはず

なぜ寄せ返す波は

向きを変える方法を知らないのだろう



こんな気持ち以上のことなんて何もない

これ以上の幸せを越えることがあったら教えてほしい

今以上のことなんて、あるはずがないさ

こんな気持ち以上のことなんて・・・

何もないんだ


しばらくは楽しかった

知るよしもなかった

夜の夢のように





[PR]

# by grace_land | 2018-10-19 15:07 | Comments(0)
2018年 10月 18日
決して守ることのない約束だった





I COULD HAVE TOLD YOU

君に言うべきだったよ

 彼女が君を傷つけただろうってことを

 彼女は君をしばらくは愛して

 それから君を捨てるだろうって

君が聞いてくれれば

 君にそう言ったはずなのに


君を救えたはずなのに

 君が泣くのをね

 そう君に言ったらよかったね

 彼女は嘘をついているって

でも君は愛に溺れていたから

 知ろうともしなかったね


僕には彼女の声が聞こえる

 僕が眠れずに寝返りを打ち

 寝ようと努力するたびに

僕には彼女の声が聞こえる

 約束をする声が

 決して守ることのない約束の

そしてすぐにおしまいが来るのさ

 それで御用済みにして

 彼女は新たな楽しみが出来る誰かを見つけるのさ

僕の流したすべての涙を通して

 君に言うべきだったよ

 

[PR]

# by grace_land | 2018-10-18 00:00 | bob dylan | Comments(0)
2018年 10月 13日
悲しみのJODY







JUDY 君となら


きっとわかり合えた
ひと夏が過ぎ去った
浜辺は
もう誰もいない

JODY 悲しみを
消してあげたかった
一人きり泣いていた
姿を


僕は見てた


君の肩を
そっと抱いて
歩く夢 今も
残っているのさ
ずっと...
JODY 君の事
もっと知りたかった
だけど もう遅過ぎる
OH JODY
二度と会えない

君の事
忘れない
いつまでも
OH JODY
君を


[PR]

# by grace_land | 2018-10-13 19:42 | Comments(0)
2018年 10月 11日
Good luck andGood bye 

e0223031_01442432.jpg







Yuminの声というのは不思議な魅力がある。
声のちからは歌という翼に乗れば、もう理屈などいらない。
オトコとオンナの出逢いというものは、不思議にこころがたかぶり、眩いばかりの光がこころに届き
胸がざわついてふつうでないくらいの事件になる。

幸せをさがすということなのですが、いま、多くヒトは出逢いを求めているのに出逢えず自分から放棄してしてしまう
オジさん、オバさんになると感性というものは、感情に左右され
経験からくる単なる無感動な反射的な単純極まりない、決めつけ、自分の経験からの身勝手な反応へと変わってしまう。
人生経験が長くなると、感性が慣れてしまうことが、みずみずしい若い感性を奪うのでしょうね。
その結果として、後悔したり、怒ったり、泣いたり、非難するだけの単純な浅い条件反射となり、
青春時代のみずみずしいこころの葛藤や悩むような深いところまで入ってゆけない。
途方にくれている。
簡単に生きること、簡単に幸せになるとはどーいうことなのか
幸せの原点というのは、2人、
なにもないところから
はじめる、そこにある。
そこには家柄も、カネも学歴も、なにも関係ない。
人間を観る目、人間の本質を見抜く目、それだけが大切なんです。
こんなことは、多くのヒトが何百年も前から語っている。
では、アナタ、ご自身の問題において、その言葉を実行
できます?
その言葉を実行するには、大変な勇気がいる。
多くのヒトが幸せから遠いのは、必然なんです
真の幸せとはなにか、夜空でも見上げて考えてちょーだい・


[PR]

# by grace_land | 2018-10-11 17:55 | Comments(0)
2018年 10月 10日
幻の音楽



e0223031_02105521.jpg










[麗しのサブリナ]より La Vie En Rose

いつのことだったか・夏の暑い京都で、街を流れる鴨川に沿って歩いていると、透き通った川床のなかで、若い男女が黒いラブと水浴び
をしているのを見て思わず頬がゆるんだ。
ちょうどそのとき、たっぷり川風をふくんでこの曲が聴こえてきた。
幸せなんて、こんな瞬間に感じるものかもしれない。
何人かこころゆるせる友がいて、美味しい食べ物があって、住むところがあればそれだけでいい。
いいたいことは、ほんとうはなにもないの・




La Vie En Rose

Hold me close and hold me fast
The magic spell you cast
This is La Vie En Rose

When you kiss me heaven sighs
And tho’ I close my eyes
I see La Vie En Rose

When you press me to your heart
I’m in a world apart
A world where roses bloom;

And when you speak angels sing from above
Ev’ry day words seem to turn into love songs

Give you heart and soul to me
And life will always be La Vie En Rose




[PR]

# by grace_land | 2018-10-10 16:31 | Comments(0)
2018年 10月 08日
グールド ブラームス晩年の昔想い♪  Brahms - Intermezzo Op.118-2

e0223031_01572183.jpg







友達にクラシック音楽を好きなヒトがいて、俺のこころのありようは、音楽の世界に向かっている。
言葉自体は、その世界を通過できるけども、いざ言葉で、透明なこころで、事象を説明しようとしても、言葉では本来の言葉のあるがままの感情や自分の素直な感情を相手に伝えきれない。
けれども、音と実物描写は、「ただ在る」そのものを、けっこう伝えることができるような気がする
グレン・グールドといえば、バッハだがじつはよく分からない。
でもグールドの弾く晩年のブラームスの
この曲は重く沈む曲だと思うのですが、先入観なく聴いていると
瞑想するブラームスのひらひらと舞うこころのひだが、あるかなきかあやうい陰影のなかから、うかびあがってくる。
そしてこのとき、瞑想とは音をつうじて音楽を考えること以外にないと気づかされる。
グールドのこの曲は、朝には聴きづらい。
メランコリックな夜の音楽。
夜ならしらふで聴いても、好きなお酒をふくんで聴くともなく聴くのもいい。
個人の不安は、ベートーベンの悲愴の中で完結するが
俺の人生って・・
そんなことを考えながら
この異常気象のしたで、思っていると一見平和そうに見えるこの世界は、永遠に続くだろうかと不安になる。
まことに寂しい、雨音がする、夜です。。



[PR]

# by grace_land | 2018-10-08 14:15 | Comments(0)
2018年 10月 04日
Endless Game



e0223031_11111639.jpg








人生での大きなやりの越しは、あとヒトツ大きめの案件が決まれば、小休止。
ここまで生きてきたし今年は、おとなしくしていよう。
人生の大きな転機で、楽しみは、まだ2年後くらいだろうけど、その頃には俺自身が墜落してこの世にいないかもしれない。
はるばる遠くまで、よく歩いてきた。
三線も形になってきたので、マーチンのエレアコ(エレクトロ・アコースティツクギター)で音楽の幅を広げようっと・
ふー、じゃあ、おやすみ。


[PR]

# by grace_land | 2018-10-04 23:22 | Comments(0)
2018年 08月 26日
Brahms/ Intermezzo Opus 118 -2 ♪ 思い起こせば・・・あんな事、こんな事、いろんな出来事があったよね ♪♪♪


[PR]

# by grace_land | 2018-08-26 15:27 | Comments(0)
2018年 08月 17日
Beethoven - Piano Sonata No. 8- 悲愴  ♪ 運命は降りかかってはくるが、それに立ち向かう わたしたち・・・








[PR]

# by grace_land | 2018-08-17 15:08 | Comments(0)
2018年 06月 08日
I LOVE HOW YOU LOVE ME




e0223031_10325648.jpg







キスをする時の

きみの目の閉じ方が好きだ

きみのもとを離れている時に

寂しがるきみが好きだ

いつも優しいきみが好きだ

だけどそんなことよりも

僕を愛するきみが好きだ

(僕を愛するきみを愛する)


抱きしめる時の

きみの鼓動が好きだ

言葉はなくても

僕を思うきみが好きだ

いつだって素晴らしい

きみの触れ方が好きだ

だけどそんなことよりも

僕を愛するきみが好きだ

(僕を愛するきみを愛する)


キスをする時の

きみの目の閉じ方が好きだ

きみのもとを離れている時に

寂しがるきみが好きだ

いつだって素晴らしい

きみの触れ方が好きだ

だけどそんなことよりも

僕を愛するきみが好きだ

(僕を愛するきみを愛する)


僕を強く抱く時のきみが好きだ

(僕を愛するきみを愛する)

僕の手を強く握る時のきみが好きだ

僕をじらすきみ 甘えるきみ 

僕を愛するきみが好きだ

僕を愛するきみが好きだ  





[PR]

# by grace_land | 2018-06-08 00:59 | Comments(0)
2018年 04月 15日
Don't Worry Baby

e0223031_23014265.jpg





ブライアン・フェリーが歌うビーチボーイズの「Dont Worry Baby」は 
僕の好きなrock中でも、生涯の1曲です。。。♪
フェリーのロマンチックな歌いっぷりと完璧なアレンジは、見事というほかなく原曲の素晴らしさを再発見させてくれるところが凄いと思うね。
フェリーのこの詩の恋のとらえ方は、ロマンティストとして、痛々しささえ感じさせる。
今も、僕のこころには、寄り添って初夏の夕焼けの中を微笑んでるふたりがいる
微笑みでその顔が崩れそうになって輝いている・・・
永遠に・・・・・


Don't Worry Baby

いつからなのだろう

僕の心に不安な気持ちが頭をもたげる

なぜだか判らないけど

僕は時々、とても心配になってしまう

そんな時、彼女は僕を見つめて

心の不安を消し去ってくれる

彼女の甘い言葉・・・・・・


    ベイビー、心配しないで

    私たちの間は

    何もかもうまく行ってるのよ

    だから心配しないで、私のベイビー


目が醒めて

朝日が優しく彼女の髪に輝いているのを見る時

僕は自分がまちがっていたことに気がつく

彼女が僕を愛していないと考えるなんて・・・

彼女の瞳には魔法の力が潜んでいて

僕をすっかり元気づけてくれる

彼女の甘い言葉・・・


"ベイビー、帰る時には

私の愛を一緒に持っていってね

この愛の重みに気がついたなら

あなたには、心配することなど何もない筈よ"

二人が愛し合っている時の

彼女の優しい仕草

そして甘い囁き・・・・・・

[PR]

# by grace_land | 2018-04-15 22:23 | ひとり言 | Comments(1)
2018年 03月 14日
東京タワー






この曲を偶然聴いた瞬間、近美術館でみた印象派の絵とともに、この時
の東京タワーの燦然と輝く赤の記憶が蘇り、

2010年に行ったオルセー美術展・ボストン美術展・マネ展を想いだしたね。

以前、近代美術館でオルセー美術館の印象派をみたんですが、移ろいゆく光を色彩でとらえる印象派の繊細感をともなった柔らかい風景、自然な幻想、ありふれた構図がイヤミにならない技、すごい画家たちだなーと思って、ふたり見入っていたのを思い出します。
具象と抽象の境界不明なあたりを、大胆かつ繊細感をともなってすばらしく描き込まれている。

e0223031_22442356.jpg


e0223031_01041645.jpg


夜のカフェテラス(アルルのフォラン広場)



                             
いいでしょー ゴッホは、こんな絵を描くんですよ。「星降る夜」夜空に輝く星と人工の街灯
の眩い光は、あの夜の東京タワーの燦然たる赤を想い起こさせる・・
この絵画展だけは、米を絶っても行っておいてよかった。

下は「蛇使いの女」

e0223031_22462772.jpg





この絵は、大変に大きな作品で実物をみないと、なんの意味もない、構図がまさに圧倒的な世界。
実物をみると足が止まる、帰り際に入り口まで戻って、もう一度みる。
それでも、また観にいきたくなる、絵、これが絵の凄いところ。。




ここにアップしたのは、オルセー美術館 印象派の膨大な作品の一部の小さなスキャン図に過ぎない。

まあ、絵なんていうのは、実物以外はなんの感動もない紙切れですから、いくら宣伝したところで、なんの意味もない。



[PR]

# by grace_land | 2018-03-14 11:18 | ひとり言 | Comments(0)
2018年 01月 29日
pretty woman




Pretty woman, walkin' down the street
Pretty woman the kind I like to meet
Pretty woman I don't believe you, you're not the truth
No one could look as good as you





Pretty woman、通りを歩いている人

Pretty woman、僕が一目会いたい人

可愛い人

信じられないよ、嘘みたいだ

君以上に他の人で可愛い人はいないよ



Mercy

失礼



Pretty woman won't you pardon me
Pretty woman I couldn't help but see
Pretty woman that you look lovely as can be
Are you lonely just like me




Pretty woman、許しておくれ

Pretty woman、見ずにいられない

Pretty woman

一番可愛らしく見える人

君も僕みたいに寂しいのかい?



Wow



Pretty woman stop awhile
Pretty woman talk awhile
Pretty woman give your smile to me
Pretty woman yeah, yeah, yeah
Pretty woman look my way
Pretty woman say you'll stay with me




Pretty woman、ちょっと止まって

Pretty woman、ちょっと話そう

Pretty woman、僕に微笑んでおくれ

Pretty woman、ねえ

Pretty woman、僕の方を見て

Pretty woman、僕と一緒に居るって言って



'Cause I need you, I'll treat you right
Come with me baby, be mine tonight



君が欲しいんだ、君に良くするよ

僕と行こうよ、今夜僕のものになってよ



Pretty woman, don't walk on by

Pretty woman, don't make me cry

Pretty woman, don't walk away, hey...

OK



Pretty woman、僕の前を通り過ぎないで

Pretty woman、僕を泣かせないで

Pretty woman、歩いて行かないでよ

いいよ



If that's the way it must be, OK

I guess I'll go on home, it's late

There'll be tomorrow night, but wait

What do I see?



こうなるなら仕方ないか

遅いし家に帰ろう

明日の夜もあるさ、でも待って

僕は何をみてるんだ?



Is she walking back to me?

Yeah, she's walking back to me

Oh, oh, pretty woman



もしかして、あれは彼女?

そうだ、彼女が僕の所に歩いてくる

Pretty woman




[PR]

# by grace_land | 2018-01-29 20:45 | Roy Orbison | Comments(0)